2018秋冬新商品はこちら

HAGLÖFS JAPAN | ホグロフス ジャパン

© 2018 ASICS JAPAN CORPORATION

GLOBAL

メンテナンスガイド

ホグロフス製品をより永くご愛用いただくために、メンテナンスは必要不可欠です。
アクティビティのあとはもちろん、衣替えのシーズンや長期保管時のご参考に。

ホグロフス製品をより永くご愛用いただくために、メンテナンスは必要不可欠です。
アクティビティのあとはもちろん、衣替えのシーズンや長期保管時のご参考に。

ハードシェル・レインウェア

ハードシェル・レインウェア
Step.1
Step.1

ケアラベルを確認

まず、ケアラベル表記を必ず確認します。ウエアによって素材は異なるため、ケアラベルの表記に合わせた洗い方をしてください。

Step.2
Step.2

ジッパーやボタンを閉じる

すべてのジッパーやカフス、ボタンはしっかり閉じます。フードや裾のドローコードは、シワが寄らない程度に伸ばします。

Step.3
Step.3

部分洗いで大きな汚れを取り除く

全体を洗う前に、汚れがひどい箇所は部分洗いをします。毛の柔らかいタイプの歯ブラシを使うと洗いやすいです。

Step.4
Step.4

洗濯ネットを使い、洗濯機 or 手洗いする

洗濯機でも手洗いでも洗えます。洗濯機の場合は、生地を傷めぬよう洗濯ネットへ入れ、弱水流モードで洗います。ここでは手洗いでの洗い方を紹介します。

Step.5
Step.5

洗剤を溶かす

タライや風呂桶に張った水に洗剤をよく溶かします。一般的な洗濯用洗剤を使うこともでき、その場合は中性洗剤が適当です。専用洗剤を使う場合は、記載されている使用容量を守ってください。

Step.6
Step.6

浸け置きする

まずは、少し浸け置きして汚れを浮かせます。ゴシゴシ生地同士を擦ると傷んでしまうので、洗い方の基本は押し洗いです。

Step.7
Step.7

すすぎ

洗剤の成分が残らぬよう、すすぎは念入りに。ここでも押し洗いが基本。目安としては水が濁らなくなるまで行いましょう。

Step.8
Step.8

乾燥

脱水後、洗濯ネットに入れて乾燥機へ。乾燥機が使えるかは必ずケアラベルを確認しましょう。熱処理を施すことで撥水性能が回復します。

Step.8

日陰で乾かした後に、アイロンで熱処理を施す方法もあります。直接アイロンを当てぬよう、当て布を使ってください。アイロンが使えるかは必ずケアラベルを確認しましょう。

Step.9
Step.9

保管

シェルを濡れた状態で保管して蒸れてしまうと、防水性や透湿性、さらには耐久性の低下に繋がります。使用後は必ず広げて干してください。保管時には収納用バッグに入れるのは避け、ハンガーにかけ、なるべく風通しのいい場所に吊るして保管してください。

洗濯と熱処理だけでは撥水性が戻らない場合、市販の撥水剤を使用してください。洗濯とすすぎの後に、洗剤と同じ要領でウエアを浸け込み、浸け込み後は、よくすすいでから熱処理を施してください。

IMG

Newsletter

イベント情報やセールのお知らせ等、
ホグロフスブランドの最新情報を配信

メールマガジン登録・解除