HAGLÖFS JAPAN | ホグロフス ジャパン

NEWS > 東ネパール登山隊2016 東ネパール登山隊2016 ナンガマリⅡ峰(6209m)初登頂短報 ー 重廣恒夫

先日、ナンガマリⅡ峰初登頂を達成した、ホグロフスがサポートする「日本山岳会関西支部東ネパール登山隊2016」の重廣恒夫隊長から、今回の行程の報告と御礼が届きましたのでこちらに掲載させていただきます。

eastnepal4_1
ナンガマリⅡ峰を目指して

 今回のナンガマリ登山は、モンスーン明けが年々遅くなっていること、予定より低い場所にベースキャンプ・C1・C2を設けざるを得なかったこと、高度障害などで2名の隊員をカトマンズまで降ろしたことなどから、期日ギリギリの登頂となってしまいました。
 10月11日、2名を送り出したヤンマからC1に戻り、「13日C2移動、15日Ⅱ峰登頂・C3建設、17日Ⅰ峰への縦走・登頂」の計画を発表。しかし11日夜半からの降雪で12日は休養日となりました。13日、ルート工作隊と荷上隊に別れて行動しましたが、荷上隊のデポ地到着が遅れ、C1帰着も大幅に遅れ隊員の疲労も激しいため、全員登頂のためには翌日も休養日とせざるを得ませんでした。そのため14日のC2移動を諦め、「15日C2建設、16日Ⅱ峰、18日Ⅰ峰登頂」の最終計画を発表しましたが、16日は出発時間の遅れ、コル下への到着の遅れ、好天による昇温による雪崩発生の懸念から登頂を断念しました。この時点でⅡ峰の初登頂のみに絞り、帰りのキャラバン準備のためサーダーのラムカジをBCまで下らせました。
 17日は零時に起床、2時過ぎにC2を出発しました。コル(5990m)までは予定通の時間内に到着しました。その後、西面ゆえの夜明け前の冷え込みもあってスピードが落ちてきましたが、的確なルートファインディング、適切なロープやスノーバーの補充などで12時37分(日本時間15時52分)にⅡ峰の頂に到達することができました。
 皆様には多大なご支援・ご声援をいただき有難うございました。

重廣恒夫

eastnepal4_2
ナンガマリⅡ峰南峰に向かうルート工作隊

eastnepal4_3
ルート工作隊に続く隊員達

eastnepal4_4
頂上に立つ岩井隊員

eastnepal4_5
頂稜の登山隊員(岩井隊員撮影)

eastnepal4_6