HAGLÖFS JAPAN | ホグロフス ジャパン

NEWS > ニュース 新生SPITZ JACKETを象徴する、Erwan Le Lannのアドベンチャープロジェクト「Maewan」をサポート

spitz_3-0

ホグロフスフレンズの一人、Erwan Le Lann(エフワン・ル・ラン)は、世界クラスのアイスクライマー、ベースジャンパー、ビッグウォールクライマーです。UIAGM/IFMGA国際山岳ガイドであり、経験豊富なセイラー、探検家でもある彼は、地球上のさまざまな極地を探検し極限の状態を経験してきました。

彼をキャプテンとして、航海、登山、スキー、クライミング、アイスクライミング、フリーダイビング、ベースジャンプなどの分野において洗練された世界クラスのアウトドアのスペシャリスト達とともに、海からしかアクセスすることのできない世界中の未開の地を、風の力を利用して航海する帆船で、4年間かけて探索するアドベンチャープロジェクトが現在進行中です。

ホグロフスでは、「POWERED BY THE NORTHERN WIND(風の力で)」作られた新生SPITZ JACKETのアイコンとして、風の力を味方に風に立ち向かおうとする彼の活動をサポートしていきます。

spitz_3-1

この4年間に及ぶ壮大な旅は「Maewan」と名付けられた帆船を冒険の拠点としています。多くのクルーを収容でき極限の地を航海できる頑丈で頼れる船を探していたErwanは、1982年にケベックで作られた37フィーとの帆船を見つけました。よくメンテナンスされ、美しく、状態の良い完璧な帆船でしたが、極地探検のために少々の改造が必要でした。

spitz_3-2

インテリアのデザインをシンプルに変え、クローゼットのような不要なものは取り除き、必要不可欠なものはできる限り機能的に改善しました。全ての電子機器は、Vinci Energieの子会社であるMobilityの協力の下、チームによって改造されました。電波探知機、ラジオ、AIS、ソーラーパネル、タービン、発電機などの、なくてはならないものは全て取り付けられました。帆は全て新しい帆に交換され、索具は修復されました。

旅の行程は、2015年の2月8日にフランスのAber Wrac’hを出航。アイスランドでのアイスクライミングを皮切りに、グリーンランドでのフリーライディング、登山、ビッグウォールクライミングなどで極地を探索しながら、航海を続けています。

ホグロフスでは、今後彼らの活動を、追ってレポートしていきます。


【2015年のハイライト】


アイスランド-2015年2月
~ミックスクライミング&アイスクライミング~
冬季には人が登ったことのない、ホットンビヤルグ山(アイスランドの北西沿岸部)を登る
クルー:Jeanne Grégoire, Aymeric Clouet, Guillaume Vallot, Lionel Daudet, Erwan Le Lann.

グリーンランド-2015年4月
~航海、登山、フリーライディング~
フリーライダー、登山家、航海士が共に山を目指し、壮観な景色の中登り下る
Maewanのクルー:Eric Loizeau, , Erwan Le Lann, Bertrand Delapierre, Leo Slemett
La Louiseのクルー:Thierry Dubois , Mathieu Maynadier, Guillaume Vallot, Adrien Coirier

グリーンランド2015年5月
~氷山調査~
アイスクライミングとフリーライディングによる、氷山の安定性について自然科学上の調査を行う
クルー:Aurore Asso, free-diver, and Erwan Le Lann, ice-climber.

バフィン島-2015年7月
~ビッグウォールクライミング~
4人のフランス人クライマーが、バフィンフィヨルドの周りの巨大な花崗岩(場所によっては高さ1000mにもなる)を登る
クルー:Mathieu Maynadier, Charlotte Barré, Gérôme Pouvreau, Florence Pinet

Erwan Le Lannは復活した新生SPITZ JACKETを身にまとい、今日も世界のどこかで、風の力を味方に風と戦っています。

MAEWAN – ADVENTURE BASE 公式サイト
http://maewan.com/en/

MAEWAN – ADVENTURE BASE Facebookページ
https://www.facebook.com/maewan4/