HAGLÖFS JAPAN | ホグロフス ジャパン

NEWS > How To 温かさを取り戻すコツ、教えます!『 ダウンウエアのメンテナンス方法』

main_1

寒さが厳しい冬場はもちろん、山では通年なにかと手放せないダウンウエア。使い込んでいくうちに、なんだか膨らみがなくなり、保温力が落ちてきているような気がしませんか。他のウエア同様、ダウンウエアも機能性を保つためには定期的なメンテナンスをしなくてはなりません。クリーニングに出すのも手ですが、ポイントを抑えれば自宅でメンテナンスすることもできます。新品のようなフワフワ感と温かさを取り戻しましょう。

<メンテナンスのポイント①>
ロフト(膨らみ)の維持が温かさのキモ

oteire_2

ダウンウエアが温かいのは、ウエア内に詰められた羽毛の間に温かな空気が閉じ込められるから。つまり温かさを保つには、空気を含むフワフワの膨らみ(ロフト)を維持することがキモとなります。そのために、もっとも重要なのが保管方法です。羽毛の大敵は濡れや湿度。雨などに濡らさなくても、ウエアは知らず知らずのうちに汗や夜露などの湿度を含んでしまいます。使用後はハンガーに吊るし、乾かしてから保管しましょう。また、ロフトを潰してしまうのを避けるため、収納袋に入れっぱなしにしたり、畳んで保管することもNGです。

<メンテナンスのポイント②>
羽毛が飛び出していたら、引き抜かずに裏から戻す

oteire_3

ダウンウエアの表面や縫い目から白い羽毛がチラッと見えると、ついつい引き抜きたくなってしまうもの。しかし、これ、絶対に引き抜いてはいけません。これは、中綿の一部が生地や縫い目の隙間から飛び出てしまっている状態です。引き抜いてしまうと、生地や縫い目の隙間が大きく広がり、そこから次々と中綿が出てきてしまいます。ウエアの内部に戻してやるようなイメージで、裏側から引っ張るのが正しい処理方法です。それでも何度も同じ箇所から出てきてしまう場合は、ナイロン専用の補修テープなどを貼ってケアしておきましょう。

<メンテナンスのポイント③>
袖口や襟周りの皮脂汚れには部分洗浄を

oteire_4

汗をかくようなシチュエーションで着ることは少ないため、ダウンウエアは表面が多少汚れてしまっても内部はほとんど汚れません。そのため、他のウエアのように頻繁に丸洗いをする必要はありません。しかし、袖口や襟周りは皮脂汚れが付きやすく、放置しておくと生地の傷みやニオイの原因となります。汚れが目立つ箇所だけ、部分洗いをするといいでしょう。中綿を濡らさないよう注意しつつ、アウトドアウエア専用の洗剤を使い、柔らかなブラシやウエスで軽く拭えば汚れは落ちます。洗った後は、収納前にすすぎと乾燥をお忘れなく。

<メンテナンスのポイント④>
ロフトが落ちた、ニオイが気になる、しまう前が洗い時

oteire_05

前述の通り、ダウンウエアを頻繁に洗う必要はありません。洗うことで羽毛の持つ脂分が抜けてしまうと、湿度を含みやすくなってロフトが保てなくなり、逆効果になってしまうこともあるからです。とはいえ、1シーズンも使えば目に見えない汚れが蓄積します。洗うタイミングの目安は、ロフトが落ちてきた時やニオイが気になる時と(汗をかいたり、湿った状態で放置してしまうことが大半の原因)、衣替えで長期間しまう前。洗剤は、必ずダウンウエア専用の洗剤を使ってください。年に1度は丸洗いして、清潔な状態を保ってやりましょう。

<メンテナンスのポイント⑤>
正しい手順をマスターしよう

oteire_6
①まず、ケアラベル表記を必ず確認します。ウエアによって素材は異なるため、ケアラベルの表記に合わせた洗い方をしてください。

oteire_07
②すべてのジッパーやカフス、ボタンはしっかり閉じます。フードや裾のドローコードは、シワが寄らない程度に伸ばします。

oteire_8
③全体を洗う前に、汚れがひどい箇所は部分洗いをしましょう。毛の柔らかいタイプの歯ブラシを使うと生地を傷めず、洗いやすいです。

oteire_9
④タライや風呂桶に張った水に洗剤をよく溶かします。一般洗剤はNG。必ずダウンウエア専用洗剤を使い、記載されている使用容量を守ってください。

oteire_10
⑤浸け置きして内部の汚れを浮かせます。羽毛が潰れてしまうため、擦る必要はありません。洗う時の基本は押し洗いです。

oteire_11
⑥洗剤の成分が残らぬよう、すすぎは念入りに。ここでも押し洗いが基本。目安としては水が濁らなくなるまで行いましょう。

oteire_12
⑦脱水も押しながら行います。あまり力強く押してしまうと内部の羽毛が潰れてしまうので、軽く押す程度で

oteire_13
⑧洗濯ネットに入れて、乾燥機でしっかりと乾燥させます。乾燥機が使えるかは必ずケアラベルを確認しましょう。

oteire_14
⑨乾燥機が使えない場合は日陰で平干しにします。ハンガーに吊るすとダウンが寄ってしまうので、必ず平らに干しましょう。

Photo by Shinichi Yajima Text by Kei Ikeda