HAGLÖFS JAPAN | ホグロフス ジャパン

NEWS > How To 『重ねて、快適を手に入れる! レイヤリングの基礎知識』

maintenance_1

レイヤリングとは、簡単に言えば「重ね着する組み合わせ」のこと。特に冬場のウエア選びは、ひとつひとつのウエアが持つ性能も重要ですが、どのように組み合わせるか次第で快適度に大きな差が生まれます。寒がりだったり、汗っかきだったり、寒さの感じ方は個人差があるので、誰にでも当てはまる万能なレイヤリングは存在しません。まずは基本的なレイヤリングの知識を頭に入れつつ、自分に合った組み合わせを探してみましょう。

<ポイント①>
レイヤリングの基本は3層で考える

maintenance_1

まずは、ウエアをアウターレイヤー(一番外側に着るウエア)、ミッドレイヤー(中間に着るウエア)、ベースレイヤー(肌に接する一番下に着るウエア)と3つのレイヤー(層)に大別して考えてみることが、快適なレイヤリングを手に入れるための近道となります。各層には、それぞれに役割があります。同じルートを登るにしても、気候条件によって最適なレイヤリングは変わります。闇雲に性能の高いウエアを重ねればいいものではありません。山行回数を重ねて、自分の使い方とその日の環境に合ったバランスのいい組み合わせを探ってみましょう。

<ポイント②>
アウターレイヤーの役割は、防風性、防水性、透湿性

maintenance_1

一番外側に着て、貝殻のように体を守るためのウエアをアウターレイヤー(シェルレイヤー)と呼びます。ハードシェルやソフトシェルと呼ばれるウエアが、この層のウエアの代表格です。求められる役割は、風を通さないこと、雨や雪から濡れを防ぐこと、ウエア内にこもった湿度を逃がすこと。なかでも、冷たい風を通さずしっかりと断熱できることが、アウターレイヤー選びのポイントとなります。これを基本線としたうえで、行動時に汗をかきやすいタイプの方や、ハードな運動を伴う山行で使う場合は、透湿性も重視して選ぶといいでしょう。

<ポイント③>
ミドルレイヤーの役割は、断熱性と蒸散性

17134

文字通り、3層の真ん中に着るもので、フリースやインシュレーションを代表とする「中間着」とも呼ばれるウエアです。このレイヤーは、暖かい空気を溜めた層を形成し、冷たい外気を遮断する断熱性が求められます。素材や厚みごとに特徴は大きく異なりますが、かなり大まかに言えば、断熱性を重視して選ぶならば、ダウン、化繊インシュレーション、フリースの順。透湿性が高くハードな行動にも向くのは、逆の順となります。また、ベースレイヤーが吸い上げた汗などの水蒸気を外へと逃がす蒸散性も、ミドルレイヤーの役割のひとつ。一概に温かい=万能な中間着ではありません。

<ポイント④>
ベースレイヤーの役割は、吸湿性と蒸散性

maintenance_1

ベースレイヤーとは、ウエアの一番下に着る「肌着」。大別すると、肌触りが良く、温かみがあってニオイが気になりにくいウール素材と、より吸湿性と速乾性に優れた化繊素材があります。山では汗などによる濡れが体温を奪う一番の原因となるので、どちらの素材においても汗を素早く吸い上げ、蒸散させる役割が求められます。また、いくら機能性が高くても、着用感にストレスを感じるものはおすすめできません。ニオイや乾燥肌が気になる方には、化繊よりもウールがおすすめです。両方の長所を併せ持つ混紡タイプにも注目してみましょう。

<ポイント⑤>
アクセサリー類も同じ基準で選ぶ

maintenance_1

ヘッドウエアやグローブなど、アクセサリー類もウエアと同じ基準で選んでみましょう。例えば、少し肌寒くて断熱性が欲しいのなら薄手のフリースグローブを、断熱性と防風性の両方が求められる環境では2層式のタイプと考えるとわかりやすいでしょう。また、断熱性をプラスするためにネックゲイターを巻いたり、防水性をプラスするためにウエストにビブパンツを追加したりと、アクセサリー類で3層のウエアをさらに補うという考え方も有効です。3つの層を意識して選ぶことで、何が必要なのかがより明確になるのです。

 

Text by Kei Ikeda