HAGLÖFS JAPAN | ホグロフス ジャパン

NEWS > フレンズレポート ホグロフスフレンズ スキーヤー中西太洋 最新ムービー紹介

17_taiyo_01

北海道を中心に活動するホグロフスフレンズのスキーヤー中西太洋から、最新のムービー「SNOWYGLOW」が届きましたので、本人のインタビューと写真を交えて紹介します。

17_taiyo_02
PHOTO, FILM: Yasuyuki Shimanuki

─ このムービーのテーマは?
雪と光。カメラマンのヤス君(Yasuyuki Shimanuki)のテーマです。
シーズンを通して、雪と光を求めて撮影しました。

─ 撮影のロケーションは?
手稲BC、朝里BC、富良野BCなどです。

─ 特に見てもらいたいところ?
富良野岳の広大な景色や、北海道ならではのパウダースノーと、カメラマンのヤス君が切り取る映像美ですね。
滑りの面では、さまざまな雪質や地形に合わせて滑り遊んでるところを見てもらいたいです。

17_taiyo_03

─ 次のシーズンにむけて一言
今シーズンも雪と光、地形を求めてヤス君と道内を巡ります。
昨シーズンまではメジャーなポイントで撮影することが多かったので、今年の冬は、ヤス君とイメージしている斜面を探し滑りこみたいと思っています。
また、Haglöfsサッポロファクトリー店さんとのコラボイベントも企画しているので、現場でさまざまなスキーヤーの人とセッションして、スキーや山の楽しさを共有する時間を増やしていきたいと思っています。

【オススメ装備】

17_taiyo_spitz-red

SPITZ JACKET
着用していてストレスを感じないジャケット。
無駄な装備がなくシンプルで使いやすい。
表地のナイロンは十分な強度があり、ツリーランが好きな僕は枝によくウェアーが引っかかるが、ほぼ無傷。


17_taiyo_barrier3v

BARRIER III VEST
ホグロフス製品の中で最も長く使用しているベスト。
今使用しているもので3着目。
バックカントリーで休憩中や待機中、シェルの上から羽織り保温。
ゲレンデでは、シェルの中に着用し体温調整。
帰りの温泉後やロッジで休憩中もTシャツの上から羽織り体温調整。
とにかく、1日中手放せないないベスト。


17_taiyo_skra

SKRA 27
長年、マウンテンサーフを愛用していましが、SKRAも使いやすいシリーズ。板をバックパックの前面につける事がすくないスキーヤーはこちらのほうが使いやすいかも…。
前室に、プローブ、シャベル、スノーソーなどの道具を入れる事ができる。メイン気室には背面からアクセスできるため、必要なものを取り出しやすい。



【PROFILE】
中西太洋(なかにし たいよう)
スキーヤー
1978 年滋賀県大津市出身
2001 年ニセコヒラフでの“山籠もり”を機に、スキーが中心の生活を始める。
翌年より憧れの地「Whistler&Blackcomb」をベースに滑り始め5シーズ ンを過ごす。
この時期の滑走日数は年間 100 日~120 日以上と、ほぼ毎日 のように滑っていた。
08 年より北海道に移り住み、写真やムービーの撮影を メインに活動している。
<主な出演作品>
「BUILD」シリーズ、「ザ・ラストフロンティア」など
<主な競技経歴>
カナダディアンスキークロス参戦  カナディアンフリースキーチャンピオンシップ参戦など

ホームページ:http://taiyonakanishi.main.jp/taiyo/
インスタグラム:https://www.instagram.com/taiyonakanishi/?hl=ja