HAGLÖFS JAPAN | ホグロフス ジャパン

ABOUT HAGLÖFS ホグロフスの環境方針

ホグロフスの環境方針

ホグロフスの環境方針とは?

それは我々が守らなければならないと信じるこの地球家族の一員としてその環境を大切にしていくこと。

新雪が積もった後に、足を踏み入れると必ず足跡が残ります。
 
我々の行動は何らかの痕跡を地球上に残します。だからこそそっと優しく丁寧に新雪に足を踏み入れることは、我々の選択の結果であり責任なのです。Haglöfsは、繊維業界は歴史的にみて必ずしも地球環境に優しく接してきたとは言えないと認識しています。この認識を基に我々は、我々が地球に与えるインパクトを軽減する取り組みに1歩踏み出すことにしました。ブルーサイン(bluesign)とフェアー・ウエア・ファウンデーション(fair wear foundation)という2 つの団体に加入したのです。これらの団体はリサイクル率の増加、有害物質の削減、さらには公平な労働環境を追求するために厳しい基準を設定し監視する団体です。我々は持続性のあるビジネスを展開するため、そしてより重要なのは、地球環境保全に持続性のある未来を築くために重要なステップを踏むことにしたのです。

我々の取り組みの中には、リサイクル原料の使用を常に増加させ、コレクション全体に環境へ配慮した取り組みを念頭においています。現状においてはまだ完全にはほど遠く、なすべきことが沢山あります。すでに大きな1歩を踏み出し、厳しい設定の目標もひとつひとつ達成してきましたが、さらに大きく高い目標を目指していくつもりです。我々は地球環境保全の持続性を非常に重要なものと位置付けています。そのためビジネスのさまざまな局面において常に持続性を追求できるチャンスを探しています。未来へと続く長い旅路において自らの足跡以外のものはなにひとつ残していかないようにすること、そしてそれを強く望み実行することです。

私たちの活動についてもっと詳しくお読みになりたい場合は、サステナビリティレポートをご覧ください。
http://www.haglofs.com/jp/en/sustainability (英語版のみ)

HAGLÖFS' SUSTAINABILITY